はるこん2016 2日目(2016/4/17)

もろもろあって1コマ目の途中から担当の「SFと現代文学」を少しだけ見て、それからまさかの出演することになった、「こんなSFを書いてくれ!」の準備など。

そして東京創元社の小浜徹也さんとのこの企画を、小浜さんのおかげでなんとか形にすることができてほっとしました。
小浜さん貴重な経験をさせていただきまして、ありがとうございました。
また聞いて頂いた参加者のみなさんもありがとうございました。

それからクロージングの司会をするので、内容確認とメモ作り。
クロージングではやはり、来年の海外GoH発表は湧きました。
来年の海外GoHは、ケン・リュウさんです。

それから即撤収。
終了後、デッドドッグとなって打ち上げへ。
打ち上げでは、アン・レッキーさんともお話をさせていただくことができました。
お開きの後もスタッフ数人でホテルで飲み直し。

翌日、成田へ向かうアン・レッキーさんを沼津駅前のバス乗り場でお見送りしてホテルをチェックアウト。
夕方帰宅して、今年のはるこん終了。

色々と不手際や行き届かないことばかりで、GoH、出演者、参加者のみなさまにはご迷惑をたくさんおかけしてしまいましたが、みなさまのご協力で無事に終わることができました。
ありがとうございました!

はるこん2016 初日(2016/4/16)

さて、明けて初日です。

8:30過ぎに会場内でスタッフと集合、打合せ。
11:00の開場に向けて手分けして準備に入ります。

僕は主に3階のディーラーズルームとアートショーの準備。
担当スタッフの指示のもと、会場のレイアウト図を確認しながら机や椅子を移動したり、アートショー用のついたてを出したり。

2016-04-16 10.00.19mそれから、あとは……なんだ。
とにかくあれこれ準備してました。
早くも記憶が。

11時に開場し、12時からはオープニング。
GoH(ゲスト・オブ・オナー)は、海外がアン・レッキーさん、国内が環望さんです。
そして1コマ目の「柴田勝家vs小川哲」の前説をして、中座して「佐々木友輔最新作上映会」へ。
終了後は佐々木友輔監督と参加者の方と約一時間お話。

夕方からはGoHパーティーです。
バスを仕立てて沼津漁港へ移動。
まずは深海水族館で、冷凍シーラカンスを囲んでみんなで乾杯!

2016-04-16 18.16.01m

 

 

 

 

水族館では乾杯だけで、パーティー会場となるお店に入れるまでのあいだに、ライトアップされた巨大水門へ。

2016-04-16 18.47.18m

 

 

 

 

浜焼きのお店で飲んで食べてビンゴをしてバスでホテルへ。
少し休んで、高山羽根子さんがママの日吉のBAR「かくれが」の出張版へ参加。

お開きのあともスタッフの部屋でかなり遅くまで飲んでました。
ということでいろいろ抜けてると思いますが、初日終了。

はるこん2016 前日(2016/4/15)

今年は初めての沼津開催。

通算で7回目、僕がスタッフになってから4回目の大会です。

で、怒濤の2日間でそもそも記憶が定かでないのですが、それでもうっすら覚えている部分だけでもという、覚え(?)書きです。

前日はひたすら「チーム制」の最終準備でした。
チーム制とは参加者をランダムに10チームに分け、さまざまなゲームなどでポイントを競い、上位入賞チーム・個人には景品が出ますというものです。
2日前に突然不具合を起こしたプリンターの復旧やら、モデムの不調と交換やらでほぼ一日を失って、毎度の事ながらぎりぎり、夜11時半を過ぎてようやく現地に入りました。
会場に隣接したホテルの一室では先に到着したスタッフが参加者の名札の仕分けなどの準備をしているところで、去年は3時半ころまでかかったので今年もそれくらいかと思っていたら1時くらいには撤収。
ほとんど何も手伝えなくて申し訳なかったです。

それから自分の部屋でアートショーに出す絵を描いて、3時間ほどで完成。
初日へ。

未来思想研究会 第9回読書会

昨日(2016/3/6)は僕が共同主催をしている「未来思想研究会 第9回読書会 H・G・ウェルズ『タイム・マシン』×参加者推薦作」を都内赤坂の双子のライオン堂書店にて開催しました。

前半は『タイム・マシン』の各自感想とフリートーク、後半は持ち寄った推薦作を紹介し、最後に挙手で最も読みたい、観たい作品を選びました。作品紹介での一位は初参加の星野さんが紹介した『タイムトラベラー2038年』でした!

ゲンロンカフェ:なつこんpresents【大森望のSF喫茶 #20】大森望×坂上秋成×西田藍「エヴァンゲリオン〜西暦2016年 終局の続き」

※イベントは終了しました。
ご来場、ご協力、応援していただきました皆様、ありがとうございました!

【2/6(土)夜:東京でエヴァンゲリオントークイベント開催!】

人類の補完は2016年に行われようとしていた!

エヴァの主な舞台となった2015年とともに重要なこの年に、2013年に『ヱヴァンゲリヲンのすべて』を刊行された小説家の坂上秋成氏を東京五反田のゲンロンカフェにお迎えして、大森望氏を司会に、エヴァンゲリオンについてお話を伺います。

●チケットは
http://ptix.co/1IZOq1F
まで!

【大森望(おおもりのぞみ)】
1961年高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。
著書に『21世紀SF1000』、『新編・SF翻訳講座』、《文学賞メッタ斬り!》シリーズ(豊崎由美と共著)、《読むのが怖い!》シリーズ(北上次郎と共著)など。
アンソロジーに《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》、《不思議の扉》の各シリーズのほか、『星雲賞SF短編傑作選 てのひらの宇宙』など。
訳書にコニー・ウィリス『ブラックアウト』『オール・クリア』など多数。
2013年には『NOVA』が第34回日本SF大賞特別賞を受賞。

【坂上秋成(さかがみしゅうせい)】
1984年生。小説家。
ミニコミ誌「BLACK PAST」責任編集として「ヱヴァンゲリヲンのすべて」などを刊行。
代表作に『惜日のアリス』(河出書房新社)。
現在、コミックアプリ「みんなのコミック」にてライトノベル「BIRTHDAY GIFT」を連載中。
2016年3月に小説の新著を刊行予定。

【西田藍(にしだあい)】
1991年生。アイドル・書評家
『ミスiD2013』で準グランプリ。
書評、エッセイなど執筆活動も行う。
NHK Eテレ「ニッポン戦後サブカルチャー史 Ⅱ」レギュラー出演。
SFマガジン、雑誌ダ・ヴィンチに書評を連載中。
SFと美少女と女学生の制服が大好き。
最近ではグラビアもはじめ、2本DVDのリリースをしている。

第54回日本SF大会米魂覚え書き:二日目

大会二日目(2015/8/30)

朝8:45頃、昨日と同じくビッグシップ多目的ホールロビーで朝礼。

前後左右上下360°の3D空間を見渡せる「オキュラスリフト」

その後は、午後までずっと「オキュラスリフト」の「宇宙戦艦ヤマト2199 艦外ツアー」のオペレーション。

12:30頃に本部でスタッフ弁当食べたら、昨夜急遽決まった、閉会式での舞台上のスクリーンに映し出すテロップなどのスイッチャー係の準備のため、文化ホールのメインホール裏へ。
スイッチャーの使い方のレクチャーを受けたりしているうちに閉会式開始。

昨年は後片付けしていたので、初めて閉会式を見ました。
裏からですが(笑)

後片付けして米魂終了。
事故もなく良かったです。

打ち上げの居酒屋で舟盛り〜。

仲間と打ち上げして、「コンパック後泊」の皆生温泉・東光園へ。
残念ながら、温泉は急な不具合で入れませんでしたが、大広間でカラオケしたりして2時頃まで宴会。

後片付け手伝ってから部屋へ案内してもらい、この日も即寝ました。

第54回日本SF大会米魂覚え書き:一日目

終わってもう一週間以上経つので、忘れないうちに。

前夜(2015/8/28)、新宿から夜行バスに乗るとそこには知り合いがたくさん(笑)
四列シートの窓際が僕で、隣に同じSFイベント「はるこん」スタッフとそのご家族。
斜め前にSFファン交流会の知り合い、その二つ前にはるこんスタッフ。

新宿を19:15に出発して、米子文化ホール前に8/29の6:10着。
あたりには喫茶店ひとつ、牛丼屋もコンビニもいっさい見当たらず途方に暮れる一行。

駅前のホテル「ハーベストイン」前に移動すると、さらに知人二人に遭遇。
みんなしてホテルのレストランが開く7時を待ちました。

レストランでは、ハーベストインに宿泊していた関係者が大勢いました。
で、みなさん食べ終わって会場へ。
僕は別件のイベントの企画書を急遽書くことになり残っていると、居合わせたスタッフから、ホテルが無料でパソコンとプリンタを貸し出しているということでさっそく利用。
これはありがたかったです。

少し遅れてビッグシップ多目的ホールロビーでの朝礼へ。
神主さんが登場して神事を行い、米魂スタート。

 

その後、多目的ホールでのディーラーズに、はるこんブースを訪ねたところ、企画のためにお会いすることになっていた方が偶然みえたので、その場で打合せ。

ディーラーズ準備中

終わると、以外にも体が空いてしまったので、ディーラーズなど見てまわりました。
いや、「米魂」「いせしまこん」「はるこん」のスタッフなので、多忙になるかと思ったんですが、以外と何処へ行ってもいまは間に合ってると言われて(笑)
気を遣っていただいたのだと思います。

あれこれとあって、お昼くらいに企画「おぼろげ絵画教室」に。
ちょっと見るだけと思ったら、会場の担当スタッフから紙とペンを渡されたので、一枚だけ描いてきました。
後片付けを手伝ってから、もう一度企画書書き。

その後は、急遽アテンドすることになった、夜の「小さな救助隊酒場」の会場下見と、ついでにホテルにチェックイン。

ビッグシップに戻って来年の大会のための打合せ一件。

その後は、なおらい(交流会)の準備を少し手伝って、それから入場誘導。

なおらい終わって「小さな救助隊酒場」へ。
会場のスポーツバーで、この日放送される「サンダーバード ARE GO」をみんなで見るという企画でしたが、放送終了後も、企画主催の方が、充実した資料や面白い情報を仕入れていて話をされ、大変盛り上がった良い企画でした。

終了後はスタッフ数人で居酒屋へ。
午前二時頃解散。
ホテルへ戻って即寝ました。

そんな初日。
どこを向いても人がいて、にぎやかな感じで良かったなあという感想。

SFセミナー2015

今年のSFセミナーが、昨日から今日にかけて、本会が東京・お茶の水の「全電通労働会館」、合宿が本郷の「鳳明館森川別館」で行われ、昼の2コマ目から参加してきました。

2015-05-05 12.48.11_mその2コマ目は
「生誕100年、改めて若者もラファティを推す」
というラファティ企画で、登壇された方々によるラファティ作品の魅力の解説や、あと色々な表紙や挿絵が紹介されました。
ラファティはそんなに読んでいないのですが、なかなか興味深かったです。
僕としては作品によって、すっと入れるものと、なんだか難しいなというのとがあるなあという感じですが、合宿で話した人に、それが一つの作品中に混在しているという意見を聞いてなるほどと思いました。

3コマ目はお休みして4コマ目。
「未来技術とSFの転轍点」
ITやバイオ分野、作家の4氏による座談。
事実は小説より奇なりというか、事実を書くと嘘でしょと言われる時代。
ITやバイオ研究の先端に触れつつ、現代においてそれをフィクションとして面白さを損なわずに扱うには、みたいな話も出て、大変参考になったというか、聞いている最中にネタが2つ出来ました。
ので、夜も延長戦の企画に行くことに。

これで本会は終わり、はるこんスタッフを中心にしたグループで宿の近くで夕食をとるべく集まっていたら、SFファン交流会の仲間にも遭遇して総勢18名で居酒屋に。
それから買い出しをして宿へ。

夜は「未来技術とSFの転轍点」の続きと、同じ部屋で引き続きで「日本SF大会チャンネル~ SFセミナー出張版」、牧眞司氏と小浜徹也氏によるセミナーの歴史対談。

あとはもう、広間と玄関での飲みグループを行ったり来たりしながら朝方まで過ごし、4時半頃に広間で轟沈。
クロージング後、数人で朝マックして10時頃解散。

来年の開催は5月4日、5日ということでした。

はるこん2015:二日目

もう五月になってしまいましたが、はるこん2015二日目の覚え書きです。

泊まったホテルは会場の上階にあるという便利さで、朝食はGoHパーティーをやったレストランで和食のみ。
同室のレネさんと一緒に降りていくと、大半の人はもう食べ始めていました。
ハンヌ・ライアニエミ氏は、「何でも食べられるし好き嫌いは無い」という、開催二日前の時の言葉通り、納豆も平気で食べてました。

そして二日目の企画は……何も見てないです。
たぶん朝からアートショーで見張りしてました。
あとは例によって連絡事項などで担当者を探してうろうろした程度だったと思います。

しかし昼頃、人もまばらになり、オキュラスが空いたので、『宇宙戦艦ヤマト2199』『翠星のガルガンティア』両方とも体験できました。
オキュラスは、ゴーグルとヘッドホンを装着して360度見渡せるVRシステムです。

ほどなくしてアートショーが終了し、出品作品のオークションが始まります。
最初、なかなか人がいませんでしたが、開始するころには15人くらいにはなったでしょうか。
僕も『怪盗HAL』『water’s edge』の2点を出品し、いずれもお買上げになりました。
ありがとうございます。

そのオークションでの、今年の最大のトピックは、はるこんオークション史上初の泣き落としでしょうか。
5歳くらいの女の子が、GoHである永野のりこ氏に出品して頂いた、今年のはるこんブックス『テュケーと蟻』の表紙イラストが欲しいと、お母さんとともに参加。
自分より高い値を付けた人が出た途端に号泣し、他の人はそれ以上値を付けられない空気になって、100円差で落札しました(笑)

そんなこんなでオークションも無事に終わって一息ついたらもうクロージングの時間です。

また司会で、適当に喋ってはるこんの終了を宣言しましたが、本当に僕の宣言で終わっちゃって良かったんでしょうか。

そして撤収が特筆するほど素早かった今年のはるこん。
僕は腰があれなので何もしてませんが。

打ち上げの居酒屋では『エヴァンゲリオン』好きだというハンヌ・ライアニエミ氏に、急遽近所の本屋で買ってきたコミックス最終巻を個人的にプレゼントし、エヴァやセカイ系について話をしたので、僕としては大変満足しました。

その後、有志で二次会へ。

僕は残念ながら終電の時間で失礼しました。

そんな感じの今年のはるこん、あくまでも個人的な覚え書きでした。
ご参加くださった方、スタッフの皆さん、お疲れさま&ありがとうございました!

はるこん2015:他の日

はるこん2015:初日

もはや記憶がおぼろげになりつつありますが、ようやく初日。

8時半(だったと思う)に、会場ロビーに集合、45分(だったような気がする)に職員の方が全体の解錠をして準備スタート。
取りあえずディーラーズなどの会場となるレセプションルームに机やら椅子やら並べようと……したものの、持病の腰痛であまり役に立たず。

あちこちうろうろとしているうちにオープニングの時間。
司会を仰せつかっていたのでホールの壇上に上がり、適当にうにゃうにゃと喋って、あとはGoHのお二人のご挨拶にお任せしてしまいます。
引き続いてのGoHインタビューでも司会進行、定型以外の、「『量子怪盗』でミエリがボクっ娘として翻訳されていることについていかがですか?」て質問は僕が考えました。

適当にお昼のお弁当を食べて、後はああもう記憶ががが。
たぶん、概ねアートショーの藤井大洋さんのプロット付きで監視員的なことをしてたと思います。

確か12時半くらいに、イラストレーターの星野勝之さんが見えたので、ライアニエミ氏にご紹介。
星野氏はご自身の個展の二日目で、ライアニエミ氏の短編がS-Fマガジンに掲載された時に扉絵を描かれ、その絵をアートショーに出品してくださっていたのです。
お二人でアートショーのその作品の前に立たれて記念撮影。

それから永野のりこさんと東浩紀さんのトークだけはしっかり聞きました。
とても示唆に富んだ良い企画でした。
リアル猫集め……。

終わってまたまたアートショー係。
それくらいしか役に立たないので……。

一日目が終わって、地下の会場でGoHパーティーです。
ここでもうにゃらららと司会を。
乾杯の後発声を、その日の夕方にお願いして柴田勝家氏に出て頂きました。
ありがとうございます。