もう五月になってしまいましたが、はるこん2015二日目の覚え書きです。

泊まったホテルは会場の上階にあるという便利さで、朝食はGoHパーティーをやったレストランで和食のみ。
同室のレネさんと一緒に降りていくと、大半の人はもう食べ始めていました。
ハンヌ・ライアニエミ氏は、「何でも食べられるし好き嫌いは無い」という、開催二日前の時の言葉通り、納豆も平気で食べてました。

そして二日目の企画は……何も見てないです。
たぶん朝からアートショーで見張りしてました。
あとは例によって連絡事項などで担当者を探してうろうろした程度だったと思います。

しかし昼頃、人もまばらになり、オキュラスが空いたので、『宇宙戦艦ヤマト2199』『翠星のガルガンティア』両方とも体験できました。
オキュラスは、ゴーグルとヘッドホンを装着して360度見渡せるVRシステムです。

ほどなくしてアートショーが終了し、出品作品のオークションが始まります。
最初、なかなか人がいませんでしたが、開始するころには15人くらいにはなったでしょうか。
僕も『怪盗HAL』『water’s edge』の2点を出品し、いずれもお買上げになりました。
ありがとうございます。

そのオークションでの、今年の最大のトピックは、はるこんオークション史上初の泣き落としでしょうか。
5歳くらいの女の子が、GoHである永野のりこ氏に出品して頂いた、今年のはるこんブックス『テュケーと蟻』の表紙イラストが欲しいと、お母さんとともに参加。
自分より高い値を付けた人が出た途端に号泣し、他の人はそれ以上値を付けられない空気になって、100円差で落札しました(笑)

そんなこんなでオークションも無事に終わって一息ついたらもうクロージングの時間です。

また司会で、適当に喋ってはるこんの終了を宣言しましたが、本当に僕の宣言で終わっちゃって良かったんでしょうか。

そして撤収が特筆するほど素早かった今年のはるこん。
僕は腰があれなので何もしてませんが。

打ち上げの居酒屋では『エヴァンゲリオン』好きだというハンヌ・ライアニエミ氏に、急遽近所の本屋で買ってきたコミックス最終巻を個人的にプレゼントし、エヴァやセカイ系について話をしたので、僕としては大変満足しました。

その後、有志で二次会へ。

僕は残念ながら終電の時間で失礼しました。

そんな感じの今年のはるこん、あくまでも個人的な覚え書きでした。
ご参加くださった方、スタッフの皆さん、お疲れさま&ありがとうございました!

はるこん2015:他の日