2016-03-01-17-13-48mようやく観てきました。『傷物語Ⅰ鉄血編』
ちなみに物語シリーズの原作は一冊も読んでません。

冒頭からのシーンが、実写に寄った背景CG(実写も混じっているのかなと思いながら観てました)やその上で激しく動くキャラのアナログ的描線が面白く、画面は総じて豪華で分厚く、大画面での見応えは十分過ぎるほど十分でした。

に比べ、ストーリーはあまり進まず、物語シリーズの特徴でもあるとはいえ、問答みたいのが延々続いたり、もの凄く長ーいためというか間というか、そういうのが多くて「もう少し進んでくださいー」とはちょっと思いました。ようやくこれからが本題というところでend。テレビだったらAパート分くらいかもしれないです。

あと構図とか表現でちょっとエヴァっぽかったりかぐや姫の物語を思わせるような表現があったり、ほかにも引用やオマージュがたくさんあったと思います。
そういうのを探しながら観るのも楽しいかも。

とにかく、凄い画だ面白い表現だと思いながら、もうちょっと進んで〜という映画でした。
いやむしろ話を進めるだけが作品の全てではないですよねと改めて感じました。でももう少し(ry
じゃあ映画館で観なくていいのかレンタルか円盤出てからで十分なのかというと、僕はやっぱり大画面での鑑賞をお勧めします。音楽なども含め映画らしい映画で、映画を観た! って思えます。

それと、キャラデザをかなり変えてきていると感じました。
非常に特徴的な画なので、エンドロールでお名前を見て、ああ、あれはあのカットはあのシーンはきっとっていうかたぶん間違いなくこの方だったんでしょうねなるほど〜〜と思いますよきっと。

『Ⅱ熱血編』は夏ですか……早く観たいですね。